キャバクラとの比較|情報サイトを使っていろいろなガールズバーを探してみよう

情報サイトを使っていろいろなガールズバーを探してみよう

キャバクラとの比較

音楽を聴いている女性

そもそもガールズバーとはどんな店なのか。
グラス1杯ずつでお酒を提供してくれるショットバーに分類され、基本的に店内の雰囲気は他のバーと変わりません。
ただ、働いているバーテンダーが全員女の子であり、利用客も男性が多いというのがガールズバーの大きな特徴です。
ガールズバーが誕生したのはここ数年の出来事であり、まだまだ新しいサービスと言えるでしょう。
女の子を中心にしたバーということもあり、店舗によってはコスプレをするなどして接客することもあります。
しかし、勘違いしてはいけないのが、あくまでもガールズバーは飲食店であるということです。

ガールズバーをあまりよく知らない人の場合、キャバクラに似たサービスだと考える人が多いようです。
しかしこれは大きな間違いで、ガールズバーとキャバクラはまったくの別物です。
どちらもお酒を提供しながら男性客を接客する、という点は似ています。
ですが、キャバクラの場合は男性客の隣に座って接客しますし、ガールズバーの場合はバーカウンター越しに接客をします。
ガールズバーはあくまでも飲食店ですので、男性客の隣に座り、接待するかのような接客はしないのです。
また、仕事中の衣装に関してもキャバクラのように派手な衣装を着ることはほとんどなく、店舗によっては制服で統一していることもあります。

そして、もうひとつ大きな違いとしてあるのが営業時間です。
キャバクラは0時以降の営業が禁止されているのに対し、ガールズバーは0時以降でも営業可能です。
これは営業形態の違いからくるもので、キャバクラは「風俗営業の接待飲食等営業」として、ガールズバーは「深夜酒類提供飲食店」としての許可を得て営業しているからです。